高齢者雇用 自社現状把握へチェックリスト JEED

2017.04.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 自社の取組み状況を5分で確認できるチェックリストも記載――(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構(=JEED、和田慶宏理事長)は、「65歳超雇用推進マニュアル」を作成した。高齢者の戦力化に積極的に取り組む企業の事例を29社分集録している。

 同マニュアルでは、定年引上げ、継続雇用延長、定年制廃止など、高齢者雇用の推進を企業が進めやすいよう、制度を見直す際に必要な手順を具体的に説明。たとえば定年延長は、要点を7つに絞って解説する。

 各企業が参考としやすいよう、多様な業種や規模の企業に対して実施した聞取り調査を基にした「事例」も収めている。

 自社の現状を把握するためのチェックリストも収録した。活用風土や成長機会提供など合計15項目を4段階で採点することで、必要な対策がすぐに分かる。

 同マニュアルは、JEEDのホームページからダウンロードが可能。

平成29年4月17日第3109号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ