【今週の視点】高齢者雇用 戦略的活用が盛んに

2017.04.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

欠かせぬ災害防止 強みと弱みの理解が前提

 少子高齢化の進展に伴い、企業における高齢者の戦略的活用が課題になっている。高齢者中心の新事業や部門を立ち上げ、成果を上げている企業もあるが、労働災害に被災する高齢者も少なくない。企業での活躍を促すには、経験・知識といった「強み」とともに体力の衰えなどの「弱み」を理解し、安全で、能力を発揮しやすい業務環境を整える必要がある。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年4月3日第3107号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ