スポンサー付け部長級育成図る DNP・女性活躍策

2021.09.21 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 大日本印刷㈱(東京都新宿区、北島義斉代表取締役社長)は、課長および部長級の女性社員を対象とし、上位職への登用を促す「スポンサーシッププログラム」を進めている。他部門の執行役員などが対象者一人ひとりのスポンサーを務め、本人の所属する部門の長と連携しながら、三者で能力開発に取り組むもの。今年度末までの約半年間のプログラムを通じて、今後の部長級、本部長級への昇進を促す。

 同社では2017年から開始した課長級をめざす研修が一定の成果を収める一方、さらに上位の役職への登用が停滞していた。同プログラムでは受講者とスポンサーがそれぞれ座学の研修を受講した後、一対一で教育を進める。スポンサー側の意識改革も導入目的の1つで、多様な人材が活躍できる職場風土づくりに結び付ける。

令和3年9月20日第3321号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。