【スポット】死亡災害が10倍に激増 「危険感受性の欠如」目立つ 異常事態受け運動展開へ/千葉労働局

2017.04.22 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

運動の趣旨を説明する福澤局長(写真中央)

 千葉労働局(福澤義行局長)管内で死亡災害が急増している。今年3月7日現在の死亡者は12人。前年同期比10倍という異常事態に歯止めをかけようと、千葉労働局では「なくそう死亡災害!運動ちば2017」を開始した。「危険を感じ取る意識が欠如している」と指摘し、「災害防止に関心が薄い事業場にも、千葉で死亡災害が増えているこをを知ってもらう」と運動を広く呼びかける構えだ。災害防止団体などを集めた対策会議では、取引先事業場などを通じた積極的な周知を求めた。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成29年4月15日第2280号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ