【特集1】土石流災害から作業員守る 「空振り恐れず」退避指示 佐田建設株式会社

2015.11.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

迅速な作業中止判断を 避難経路の整備も要点に

 天気の変わりやすい山間部の土木工事現場では、土石流災害から作業員を守るため徹底したリスクの予測と緊急時の対応が欠かせない。総合建設業を営む佐田建設(群馬・前橋市)は、過去に砂防堰堤工事での異常出水による土石流を経験しながら、人的被害をゼロに防いできた。避難経路の整備、日頃からの訓練、「空振りを恐れない」作業中止の判断が、万が一の事態に命を守る体制をつくりあげている。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年11月1日第2245号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ