出勤時被災が7割を占める 福島労働局調査

2017.03.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

5_s 福島労働局(島浦幸夫局長)は、平成27年度中に認定した通勤災害の現状について分析・集計を行った。全550件のうち394件(71.6%)が出勤中の災害、156件(28.3%)が退勤中の災害であることが分かった。同労働局が通勤災害の調査を行うのは初めて。

 通勤方法別にみると、車254件、徒歩151件、自転車106件、バイク37件などとなっており、車が半数近くに上っている。

 被災者の性別では、男性が238人、女性が312人となっており、福島県の男女比率約6:4と照らし合わせると、女性の通勤災害での被災率が非常に高い状況にあると指摘した。被災者の年齢、性別でも、40代以降で女性の比率が大幅に増えており、50代では女性が81人、男性が34人だった。

ジャンル:
[平成29年3月1日付2277号] 掲載

あわせて読みたい

ページトップ