妊娠・出産は640人に 技能実習困難者を集計 答弁書

2021.04.26 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省の集計によると、外国人技能実習生に対する実習が困難となったケースのうち、妊娠・出産を理由とする者が、令和2年末までに約640人に達していることが分かった。参議院野党議員の質問主意書に回答した。

 質問主意書によると、近年、技能実習生の妊娠・出産にかかわる労使トラブルが多発しているとして、その理由や原因について政府に回答を求めている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年5月3日第3303号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ