申請事務委託は可能 入国制限緩和でQ&A 厚労省

2021.11.26 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は11月8日から始まったビジネス目的での入国制限緩和に関するQ&Aを公表した。業所管省庁への申請事務や入国時の手続き、入国後の行動管理などの感染症対策責任者は、受入れ責任者の責任の下で第三者に委託しても良いとしている。

 届出をした誓約書に違反した場合は、業所管省庁が助言・指導を行うとした。助言・指導で改善がみられないときは緩和措置を停止する。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年12月13日第3332号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。