賃金総額の3%中間搾取 紹介業者役員を送検 佐世保労基署

2021.03.25 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

親睦会費と偽り毎月徴収

 長崎・佐世保労働基準監督署(熊崎啓代署長)は、求職者の得た賃金総額から毎月3%を中間搾取していたとして、有料職業紹介業の㈲トップマネキン紹介所(長崎県佐世保市)の取締役を労働基準法第6条(中間搾取の排除)違反の疑いで長崎地検佐世保支部に書類送検した。慶弔費に使用するなどとし、親睦会費の名目で法定の紹介手数料1件当たり710円以上の金額を徴収していたが、実態は手続きに必要な文書の送付代に充てるなど同社の運転資金に使っていた。…

【令和3年3月12日送検】

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年4月5日第3299号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ