相互受入れ事例も 双方に1人5万円 福井・雇用シェア事業

2021.03.03 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 福井県では、コロナ禍のなかにあっても雇用を守るため、在籍出向による雇用シェアを支援する事業を進めている。出向元・先が入れ換わって、2回目の出向に結び付く事例も生まれている。

 今年2月には、杉本達治知事が優良モデル企業4社と面談し、報告を受けた(写真)…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年3月1日第3295号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ