滞在期間を延長 外国人・介護福祉士候補で外務省

2017.02.23 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 外務省は、経済連携協定(EPA)に基づくインドネシア人、フィリピン人、ベトナム人の看護師・介護福祉士候補者の滞在期間を延長したと発表した。

 平成26~27年度に入国した同3カ国の看護師・介護福祉士候補者のうち、滞在期間中の国家試験に合格しなかった者で、一定の条件に該当した場合、追加的に1年間の滞在期間延長を認めるもの。延長により合格者の増加につながることが期待されている。

関連キーワード:
平成29年2月20日第3101号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ