非正規にもサポート手当 4月からNTT 食事補助廃止し創設 仕事と生活両面支援へ

2017.02.23 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 NTTグループは4月1日から、これまで正社員に支給してきた食事補助を廃止し、仕事と生活の両面支援を目的とする「サポート手当」(仮称)に衣替えする。正社員はもとより、60歳超えのキャリアスタッフを含むフルタイムの有期契約社員約4万7000人が対象で、フルタイムではない契約社員(6000~7000人)にも拡大するか否か、現在労使で協議中。近く結論を出す。一人月額3500円の食事手当分を維持するため、拡大した非正規の分、会社が原資を増やす。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年2月20日第3101号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ