『送検事例』の連載記事

2021.02.25 【安全スタッフ】
【送検事例】実習生をクレーンでつり上げ

 兵庫・姫路労働基準監督署は、ベトナム人技能実習生をクレーンでつり上げて作業させたとして、木造建築工事業の会社と同社代表取締役を安衛法違反の疑いで神戸地検に書類送検した。同代表は建方作業で移動式クレーンの先端のつり具で板材をブランコのようにぶら下げ、実習生を座らせた。高さ10mの作業箇所付近まで持ち上げ、板材の取付け作業を行わせた。実習生……[続きを読む]

2021.02.10 【安全スタッフ】
【送検事例】アーク溶接で保護具の使用怠る

 長野・松本労働基準監督署は、ベトナム人技能実習生2人に呼吸用保護具を使用させなかったとして、仮設資材の修繕・整備業の会社と同社取締役を安衛法違反の疑いで長野地検松本支部に書類送検した。技能実習生は半自動アーク溶接機で足場材などの補修作業に従事。同社は昨年8月1日~9月15日までの約1カ月半、防じんマスクなどを使わせるなど必要な措置を怠っ……[続きを読む]

2021.01.27 【安全スタッフ】
【送検事例】荷台上の作業で墜落防止怠る

 福岡・飯塚労働基準監督署は、墜落防止措置を講じなかったとして、建設会社と代表取締役を安衛法違反容疑で福岡地検飯塚支部に書類送検した。労働者が高さ3.14mあるダンプトラックの荷台上でおが屑の回収作業を行っていたところ墜落し、死亡したもの。高さ2m以上の高所だったにもかかわらず、墜落制止用器具などを使用させずに作業をさせていた疑い。(R2……[続きを読む]

2021.01.13 【安全スタッフ】
【送検事例】運転停止せず機械を掃除させる

 長野・飯田労働基準監督署は、ロール機の巻き込まれ対策を講じなかったとして、建築材料を製造する会社と同社専務取締役兼製造部長、営業開発部長を安衛法違反容疑で長野地検飯田支部に書類送検した。労働者にロール機に付着した塗料の拭き取り掃除を行わせる際に、運転を停止せずに作業を行わせた疑い。労働者はロール機に巻き込まれ、重傷を負っている。(R2・……[続きを読む]

2021.01.05 【安全スタッフ】
【送検事例】丸のこの危険防止措置講じず

 秋田・大舘労働基準監督署は、丸のこを使用する際、危険防止措置を講じなかったとして、木材木製品製造業の会社と同社取締役を安衛法違反容疑で秋田地検大舘支部に書類送検した。労働者が「結束機」と呼ばれる木材を決められた長さに切断してテープで束ねる機械を使って結束作業を行っていた際、不具合が発生。指を4本切断する労働災害が起きている。(R2・11……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ