【新人担当者向け!!労働法ケーススタディ】第12回 再雇用者の同一労働同一賃金は? 職務内容同じなら注意 厳格に判断される可能性/片山 雅也

2020.03.26 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

Q 同一労働同一賃金規定は定年退職後の再雇用者にも適用されると聞きました。最高裁判例も出ているようですが、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。

3つの要件考慮

 65歳までの安定した雇用を確保する措置として、継続雇用制度がある。継続雇用を導入する際、たとえば、1年間の有期の労働契約とし、反復更新することで65歳まで雇用を継続する場合がある。

 この際、60歳定年後の再雇用は有期の労働契約となるため、無期の労働者である正社員との労働条件の違いが、不合理な労働条件の相違を禁止した労働契約法第20条に違反しないかが問題となる。…

筆者:弁護士法人ALG&Associates 代表執行役員・弁護士 片山 雅也

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年4月6日第3251号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ