【送検事例】トラクターの誘導員を配置せず

2020.03.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 福岡・北九州西労働基準監督署は、誘導員を配置していなかったとして、運送会社と同社取締役を安衛法違反容疑で福岡地検小倉支部に書類送検した。同社敷地内整備工場で、労働者が車検整備を終えたトレーラーを依頼主まで運送するためにトラクター(貨物自動車)をバックさせて接続しようとしたところ、後方にいた別の労働者をひいたもの。後方にいた労働者は死亡した。(R2・2・7)

事件の概要

 事故は、運送会社敷地内の整備工場で発生した。労働者が車検整備を終えたトレーラーを依頼主まで運送するためにトラクターをバックさせて接続しようとしたところ、トラクター後方にいた別の労働者を左後輪でひいたもの。トラクター後方にいた労働者が死亡する労働災害となった。

 北九州西労基署は…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2020年4月1日第2351号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ