【産業カウンセリングの現場から】第185回 〝障害者雇用〟成功への軌跡

2019.08.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

人の話を聴く人、聴かない人

 今から15年ほど前、総務グループが企画した1泊2日のカウンセリング講習会を研修の形で開きました。スケジュール説明の後、二人一組で聴き手と話し手に分かれて10分程度のロールプレイを行いましたが、キャリアコンサルタント資格を持つ私以外「傾聴」という言葉すら知らなかったのでしょう、各自10分間好きなことを話しただけでした。

 息子が反抗期だった私はそれを題材に話しましたが、子どもが荒れて姉の部屋の扉に蹴りを入れ…と話した瞬間、「伊東さん、鍋が良いですよ、鍋が…」と最初のロールプレイの相手(営業マン)は私の話を遮って話し始めました。家族で鍋を囲むことの効用のみ聞かされて終了してしまったのです。私は、ロールプレイが終った瞬間、両手で「×(バツ)」を作りましたが、彼はその意味が理解できなかったようです。…

執筆:㈱前川製作所コーポレート本部 人材部門 シニアアドバイザー 伊東 一郎

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年8月15日第2336号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ