【社労士が教える労災認定の境界線】第185回 プロジェクトリーダーに抜擢されて「うつ病」を発症

2014.12.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害のあらまし

 インターネットに関するコンサル業務を行っているA社(従業員9人)では、新たに自社独自の商品開発部門を立ち上げた。この部門のプロジェクトリーダーとして、入社3年目のNさんを抜擢し、新商品の開発に従事させた。Nさんは、これまでのソーシャル対応における導入実績を買われての抜擢だったが、新たな分野の商品開発ということもあり、また、A社にとってもこの分野の技術、ノウハウを持つ者がいなかったため、商品開発は最初から暗礁に乗り上げてしまった。

 Nさんの帰宅時間は、午前1時を過ぎる日が続き、時間外労働時間数は、1カ月当たり100時間前後という状態となった。…

執筆:一般社団法人SRアップ21 東京会 武蔵野社労士フォーラム 所長 藤見 義彦

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年12月15日第2224号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ