【送検事例・図入り】開口部の墜落防止措置怠る

2018.10.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 埼玉・所沢労働基準監督署は墜落防止措置を講じていなかったとして、建設会社と同社代表取締役を安衛法違反の疑いで、さいたま地検川越支部に書類送検した。アパート建設現場で、労働者が2階でパネル式の壁の調整作業を行っていたところ、高さ約3mの開口部から墜落し死亡となる労働災害が起きた。開口部には手すり、囲い、覆いなどの墜落防止措置が設けられていなかった。(H30・9・19)

事件の概要

 事故は昨年12月29日、所沢市の2階建てアパート建設工事現場で発生。労働者が2階廊下部分ではめ込んだパネル式の壁の調整作業を行っていた。2階床には床板が敷かれていない開口部(1.39m×1.38m)があり、…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年11月1日第2317号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ