【送検事例】製材工場でフォーク無資格運転

2018.09.25 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 愛知・豊橋労働基準監督署はフォークリフトの無資格運転をさせたとして、製材業の事業協同組合と製材工場長を安衛法違反の疑いで、名古屋地検豊橋支部に書類送検した。労働者がリーチフォークリフトを使い製材板を運んでいたが、障害物を避けようとしてバランスを崩した。フォークリフトは前傾し、ツメが床に刺さり止まったが、労働者は投げ出され重傷を負った。(H30・8・17)

事件の概要

 事故は今年3月15日、原木の伐採から製材、流通までを行う事業協同組合の敷地内で発生。60代の労働者はリーチフォークリフトを使い、製材板を数十本、木材乾燥機まで運んでいた。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成30年10月1日第2315号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ