【送検事例】沈殿池に手すりを設けず

2018.06.25 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 山口・宇部労働基準監督署は、沈殿池に危険を防止する手すりなどを設けなかったとして市水道局浄水場長を安衛法違反の疑いで山口地検宇部支部に書類送検した。同浄水場で働いていた定年再任用の労働者が、浄水場の沈殿池の点検巡視作業を行っていたところ、柵や手すりのない部分から転落して死亡した。沈殿池の周囲には、以前から、柵などが設けられていない部分があったという。(H30・5・8)

事件の概要

 事故は昨年12月30日、浄水場施設で起きた。同浄水場で働く定年再任用の労働者が、沈殿池の点検巡視作業を行っていたところ、柵や手すりのない部分から転落して死亡した。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年7月1日第2309号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ