【新しい労働時間制度(案)】健康管理時間を把握し対応 4/5以上の労使決議で インターバル規制等も考慮

2015.01.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 「新しい労働時間制度」の姿が浮かび上がってきた。年収1000万円以上などの年収要件や、職務の範囲が明確で高い職業能力を有する人材を対象とするなどの従来からの輪郭に加えて、厚生労働省が労働政策審議会労働条件分科会に示した要件案では、①労使委員会の5分の4以上の決議、②被希望者へ適用しないための要件設定などを提示。さらに労働時間の概念とは異なる「健康管理時間」(仮称)を把握し、健康・福祉確保措置の実施のほか、絶対上限規制や勤務間インターバル規制など講ずべき措置のいずれかの実施を要件とする内容である。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成27年1月5日第2999号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ