【労働災害防止団体 会長メッセージ】心の健康対策でノウハウ発揮/榊原 定征

2016.01.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 皆様におかれましては、中央労働災害防止協会(中災防)の事業に対しまして、平素より多大なるご支援とご協力をいただき、厚く御礼申し上げます。

 さて、わが国の労働災害は、関係者のたゆまぬ努力により、長期的には減少してまいりましたが、平成22年以降は増減を繰り返す状況にあります。

 このような状況を打破し、誰もが安全で、心身ともに健康に働くことのできる職場をつくっていくためには、経営トップの強いリーダーシップのもと、リスクアセスメントや危険予知活動をはじめとした安全活動の充実、また、近年、企業経営の大きな課題となっている職場のメンタルヘルス対策などの衛生活動の徹底に、関係者が一体となって取り組んでいく必要があります。

 中災防では、長年培ってきた労働安全衛生に関するノウハウと経験を生かし、…

筆者:中央労働災害防止協会 会長 榊原 定征

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年1月15日第2250号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ