【平成29年 安全衛生行政の展望】ラベルでアクション定着を/奥村 伸人

2017.01.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 平成24年に明らかになった印刷業での胆管がん事案では、多くの労働者が長期にわたって原因物質を高濃度で吸入し続けていました。また平成27年12月に明らかになった膀胱がん事案においては、多くの労働者が原因物質に直接皮膚が触れる「経皮ばく露」にさらされていたと推定されました。厚生労働省では、…

筆者:厚生労働省 安全衛生部 化学物質対策課長 奥村 伸人

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成29年1月15日第2274号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ