【事故防止 人の問題を考える】第35回 クレーン転倒事故とヒューマンエラー(後編)

2018.02.23 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

危険軽視による災害が多発している

 第33回、第34回で取り上げた事故事例にも見られるように、クレーン転倒事故の原因にはヒューマンエラーが大きく関わっています。

① 無知、未経験、不慣れ

 作業員が現場で働いた経験がなかったり、経験不足であったりすると、現場のどこに危険が潜んでいるかわからない場合が多いでしょう。クレーンオペレーターはクレーン転倒防止のための基礎知識が必要なことはいうまでもありません。対策には教育訓練が真っ先に挙げられます。加えて、経験の浅いクレーンオペレーターが現場に入場する場合、そのことを現場関係者に周知することも重要です。…

執筆:労働安全衛生総合研究所 リスク管理研究センター
センター長 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成30年3月1日第2301号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ