【送検事例】フォークで荷をつり上げ

2016.01.15 【安全スタッフ】

 愛知・豊橋労働基準監督署は、フォークリフトの用途外使用をさせたとして、S社と同社テクニカルリーダーを安衛法違反の疑いで名古屋地検豊橋支部に書類送検した。工場に部品を移す際、フォークリフトでつり上げられた荷のぶれ防止のため、下請労働者が手で押さえながら付いて歩いていた。突然、下請労働者が転倒してしまい、フォークリフトにひかれて死亡した。(H27・12・15)

事件の概要

 事故は、S社が請け負った工場内機械移設工事現場で発生。工場から工場に部品を移す作業をしており、大半はトラックで移動させていた。

 たまたま20~30kgの部品が残ってしまい、フォークリフトで移動することにした。通常、パレットに乗せて運搬するところ、袋状の布スリングに部品を入れてつり上げて運んだ。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 安全スタッフ 平成28年1月15日第2250号

あわせて読みたい

ページトップ