【通達クリップ注目の1本】職場における腰痛予防対策指針

2013.08.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

長時間運転後はストレッチ

 19年ぶりに改正された腰痛指針(本誌7月15日号16ページ参照)では、作業態様別の腰痛防止ポイントをまとめています。そのなかから、「車両運転等の作業」を紹介します。リスク回避・低減策として、長時間運転後に重量物を取扱う場合、ストレッチを行うよう求めています。

職場における腰痛予防対策指針(平25・6・18基発0618第1号)

V 車両運転等の作業

3 リスクの回避・低減措置の検討及び実施

(1)運転座席の改善等

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年8月1日第2191号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ