【社労士が教える労災認定の境界線】第211回 終業後にオフィスビルの共用階段から転落

2016.01.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

災害のあらまし

 X保険代理店は、さまざまな会社が入っている8階建てのオフィスビルの6階に入居している。そこの従業員Aは、仕事を終え、タイムカードに終業時刻を押した後、会社の入出ドアを開けて廊下を抜け、オフィスビルの出口に向かうため、エレベーターの昇降口で待っていた。しかし、なかなかエレベーターが上がって来ないので階段を使用して1階フロアーまで降りることにした。その途中、足を踏み外してしまい、転倒して階段を転げ落ち、その際に左肩を床面で打撲して負傷、左足首を捻って骨折してしまった。…

執筆:一般社団法人SRアップ21 高知会 土佐労務管理事務所 所長 岩山 克

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年1月15日第2250号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ