【本当に役立つ!こころの耳】第37回 事例紹介33 有機溶剤ばく露で生じた精神障害

2016.11.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

「遊びすぎじゃないか」とからかわれ

 今回、「事例紹介」より紹介するのは「製造業における有機溶剤ばく露により生じた精神障害の事例(事例2-1)」です。

 有機溶剤業務に常時従事する労働者に対しては、雇い入れの際、または当該業務への配置替えの際、およびその後6カ月以内ごとに定期的に「有機溶剤等健康診断」を実施することと、法令で示されています。必須項目の検査のうえ、医師が必要と認める場合は、作業条件の検査や肝機能検査、腎機能検査、そして神経学内科学的検査などが行われます。

長時間の吸入で神経に影響

 電子部品の基盤製造を行っている36歳男性の事例です。お盆過ぎころから食欲がなくなり、疲れやすく、注意力・集中力の低下を覚えました。ただ、夏バテのような症状は何回か経験していたので、特に気にすることもなく過ごしていました。しかし、症状は改善せず、…

執筆:(一社)日本産業カウンセラー協会 こころの耳ポータルサイト運営事務局 事務局長
石見 忠士

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年11月1日第2269号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ