【本当に役立つ!こころの耳】第24回 事例紹介20 薬物治療でよくならなかった障害

2016.04.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

部下と上司の板ばさみ

 今回、「事例紹介」より紹介するのは「風邪、消化器症状を伴い、治療してもよくならないパーソナリティ障害の事例(事例1-4)」です。厚生労働省サイト「みんなのメンタルヘルス」によると、「パーソナリティ障害」は、「その人の属する文化から期待されるものより著しく偏った内的体験および行動の持続的パターンであり、ほかの精神障害に由来しないもの」と定義されています。

 また、詳細な説明として、下記のとおり記述されています。「大多数の人とは違う反応や行動をすることで本人が苦しんでいたり、周りが困っているケースに診断される精神疾患です。認知や感情、衝動コントロール、対人関係といった…

執筆:(一社)日本産業カウンセラー協会 こころの耳ポータルサイト運営事務局 事務局長
石見 忠士

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年4月1日第2255号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ