【想いはせれば】第7回 睡眠不足と事故

2015.04.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 「春眠暁を覚えず」の漢詩は有名ですが、この意味にはいろいろな説があります。「春の眠りは心地よいので、つい寝過ごしてしまう」という説と、「春は日の出が早くなるので、これまでと同じ時刻に起きてもすでに外は明るい」という説などがあるようです。

 生理学的には、春はホルモンバランスの変化が激しく、また、心身の活動が活発化してくるので、眠りが不規則になるからといわれています。

 睡眠は、食事や運動と並んで健康管理の重要な要素ですが、厚生労働省などの調査によると、最近の日本人は諸外国に比べて睡眠時間や睡眠に対する満足度が低く、…

執筆:セフティレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年4月1日第2231号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ