【社労士が教える労災認定の境界線】第160回 動き出した台車を止めようとし陳列棚との間に挟まれケガ

2013.10.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

災害のあらまし

 日用雑貨を販売するスーパーマーケットでの出来事。商品の品出し・陳列を担当しているA。

 いつものように、ストックヤードからカゴ付台車に洗剤などたくさんの商品を積んで、売り場に向かっていた。その日は、お腹の具合が今ひとつで、急にトイレに行きたくなり、その場に台車を置いたままにし、トイレへ駆け込んでしまった。

 他部署への郵便物を届けるために、たまたまそこに通りかかった事務のBは、台車が動き出しているのに気づき、このままだと陳列棚にぶつかってしまうと思い、あわてたBは、必死に止めようと台車を押さえたのだが止まらず、陳列棚と台車の間に腕を挟まれケガをしてしまったものである。…

執筆:一般社団法人SRアップ21 東京会 鶴田社会保険労務士事務所 所長 鶴田 晃一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年10月1日第2195号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ