【人事学望見】第916回 ボーナス支給日在籍要件は完全定着 算定期間を満了しても考慮せず

2013.06.24 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

勝手に留守したオマエが悪い!

 賞与の支給日在籍要件とは、支給日に在籍している従業員のみに支払い、たとえ対象期間の全部または一部に在籍しても、支給日以前に退職、解雇などによって従業員身分を失った者に対しては、支払わなくても良いというもので、最高裁判決によって合理性ありとされている。

最高裁判決すでに認める

 高崎製作所に定年まで勤務し、その後継続勤務していた岡本は、夏の賞与支給日の7月5日の1週間前に当たる6月28日に継続勤務期間が満了し、退職となった。岡本としては、賞与計算期間中には在職しており、支給日よりわずか1週間前に退職したのだから、夏季賞与の受給権は当然的にある、と考えていた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年6月24日第2926号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ