【人事学望見】第901回 営業社員募集に多い落とし穴 法律上は完全歩合給の成立なし

2013.03.04 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

え!こんなメーンがあったの…

 労働基準法第27条には、出来高払い制の「保障給」について定めている。すなわち「出来高払い制その他請負制で使用する労働者については、使用者は、労働時間に応じ一定額の賃金の保障をしなければならない」という規定である。これと完全出来高給との関係はどうなるか。

休業手当並の保障が必要

 ハイリスク・ハイリターンをうたい文句に、港北自動車販売商事では、完全出来高給という賃金体系で人材募集を行っており、かなりの反響があった。

 「売上高の2割を給与として支払います。ある月、150万円の売上げなら30万円がその月の給与となるわけです。お渡しした資料をご覧になって下さい。当社の営業社員の平均月間売上高を紹介していますが、約300万円に上っています。一般の会社では、年功序列による基本給と出来高給の組み合わせになっていますが、当社では、成績をそのまま分配の仕組みにし、従業員からハイリターンは歓迎されています」

 応募してきた若者を前に、北部支店長の早川は、こう大見栄を切った。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年3月4日第2911号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ