【人事学望見】第979回 職務懈怠にどう対応するか 職場秩序を乱せば懲戒解雇可能

2014.10.20 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

善行は強制できない!

 職務懈怠とは、無断欠勤・出勤不良・勤務成績不良・遅刻過多・職務離脱などの行為を指す。これらはそれ自体では、単なる「債務不履行」であって、それが就業に関する規律に反したり、職場秩序を乱したと認められる場合に初めて懲戒事由となる(菅野和夫「労働法」)。

処罰判例は不良社員のみ

 「ただ、度が過ぎると単なる債務不履行で片付けられるのではなく、裁判によって懲戒解雇が認められた事例もある」

 小島製作所の定例勉強会は、誠実勤務義務がテーマとなった。講師役は、片岡人事課長で、得意の判例分析で参加者の評判をとっていた。紹介された判例は確かに度外れていた。

 東京プレス工業事件(昭57・2・25横浜地裁判決)

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年10月20日第2989号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ