【送検事例】フォークの労災で虚偽報告

2022.05.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 群馬・高崎労働基準監督署は、虚偽の労働者死傷病報告を提出したとして食料品製造業の会社と同社顧問を安衛法違反容疑で前橋地検高崎支部に書類送検した。同社工場で、フォークリフトに労働者が突き飛ばされ傷害を負う労働災害が起きている。フォークリフトの資格を持たない労働者に運転業務を行わせていたもので、無資格運転での違反の疑いでも送検した。(R4・4・11)

事件の概要

 事故は令和2年7月15日、群馬県甘楽郡下仁田町にある蒟蒻芋を主原料とした食料品の製造会社の工場で起きている。労働者がフォークリフトに、コンテナと呼ばれていた荷物とともに突き飛ばされ、頸椎捻挫、腰椎捻挫、右肩打撲傷、右肩腱板損傷などの傷害を負う労働災害が発生した。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2022年5月15日第2402号 掲載

あわせて読みたい

連載名で検索する

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。