【イラストで学ぶ身近なリスクと対策】第11回 積載形クレーンの災害(上)

2021.01.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

1.はじめに

 近年、住宅地で小型・中型の移動式クレーンなどが、高圧線〔*1〕に近接して作業を行っている現場を多数見掛けますので、今回は「積載形トラッククレーンが高圧線に接触摩耗で感電」をテーマにします。

〔*1〕交流の「高圧線は600Vを超え、7000V以下・低圧は600V以下」で絶縁被覆がある。

2.積載形クレーンが高圧線に接触摩耗の感電災害2事例

〔作業状況等〕2事例の災害は、2.9tつり積載形トラッククレーン〔*2〕を、幅員3m程度の狭い公道に停車させ、仮設機材センターから運搬してきた足場材の荷卸しを行う作業中に発生。両操作者は日ごろ工場内で、5t未満のテルハの操作者〔特別教育修了者〕〔*3〕で、積載形トラッククレーンの操作は不慣れ〔★積載形トラッククレーン操作は無資格で知識が欠如〕だった。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2021年2月1日第2371号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ