string(52) "/news/news_tag/%EF%BD%8B%EF%BD%99%E6%B4%BB%E5%8B%95/"
string(8) "news_tag"

『KY活動』の労働関連ニュース

2017.10.31【労働新聞】
ISO認証を開始 安全衛生マネジメントで 中災防

 中央労働災害防止協会(八牧暢行理事長)は、来年3月に発行が見込まれている労働安全衛生マネジメントシステムの国際規格「ISO45001」の認証事業を開始した。理事長直轄組織である「JISHA―ISOマネジメントシステム審査センター」が認証事務を行う。 認証事業では、同規格の発行に先立ち、今年7月に承認された国際規格案(DIS2)を基準とし……[続きを読む]

チェック 点検 確認 パソコン ネット 3
2016.10.29【安全スタッフ】
三次産業の安衛活動支援 改善計画作成しアドバイス 中災防 多店舗展開する企業対象に

 中央労働災害防止協会は、第三次産業の労働災害が高止まりの状況にあることから、「企業・業界団体等安全衛生総合支援事業」をスタートさせた。多店舗展開する小売業、飲食店、社会福祉施設などを対象に、現状把握を行ったうえで改善計画を作成し、アドバイスや教育などを実施するもの。中災防の安全管理士が本社と事業場に訪問し、本社では安全衛生に関する組織や……[続きを読む]

744ba42_s
2016.09.07【労働新聞】
【追跡レポ】真岡製作所/全員参加型の安全教育 「間違い探し」で感度向上

不安全行動を見抜く 50項目超す危険体感も  ㈱真岡製作所(栃木県真岡市、仁科捷哉代表取締役、230人)では、安全意識高揚に向け、全員参加型の運動を展開している。安全習熟度テストは、個々の安全に関する意識や知識の水準をチェックするもので、保護具などの項目を試験している。外国人従業員も多いため、50項目以上の危険を直感的に経験できる安全体感……[続きを読む]

手袋を着けたままだと危険が
2015.10.12【労働新聞】
安全パト実施 KY活動励行と整理整頓求める 京都労働局

 京都労働局(井内雅明局長)管内では、今年8月末時点において全産業での労働災害による死亡者数が12人(前年比3人増)、休業4日以上の死傷者数が1352人(同126人増)と急増していることから、労働災害多発警報を発令した。同警報発令に合わせ、労災被災者数が前年比約2割増の陸上貨物運送業に対して安全パトロールを実施している。 パトロールを実施……[続きを読む]

2015.06.22【労働新聞】
造船・鉄工業に指導 KY活動実施を要請 今治労基署

 愛媛・今治労働基準監督署(三好剛史署長)は、管内の造船、鉄工業者に対して労働災害防止に向けた集団指導を実施した=写真。近年減少傾向にあった労災が昨年、一転して急増したことが集団指導を実施した主因である。 同労基署管内で昨年発生した201件の労災のうち、2割を造船業(40件)、1割を鉄工業(22件)が占めた。ともに、前年に比べ大幅に増加し……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ