『送検』の労働関連ニュース

2016.07.17 【安全スタッフ】
過重労働で精神障害発症 自販機関連会社送検 東京・大田労基署

 東京・大田労働基準監督署は、月100時間を超える違法な長時間労働に従事させたことで精神障害を発症させたとして、自動販売機総合オペレーター会社㈱三和ベンダー(本社=東京・千代田区)と同社代表取締役を労働基準法第40条(労働時間および休憩の特例)違反の容疑で東京地検に書類送検した。同社に対しては過去に立入調査した際に36協定の限度時間超過で……[続きを読む]

2016.06.07 【労働新聞】
違法長時間労働が5倍に 東京労働局平成27年度司法処分

 違法な長時間労働の摘発件数が前年度の5倍に――東京労働局(渡延忠局長)は、平成27年度の司法処理状況を明らかにした。時間外・休日労働協定(36協定)を結ばないまま時間外労働に従事させるなどの違法な時間外労働が前年度の4件を大きく上回る19件に上り、過去10年で最多となった。「過重労働撲滅特別対策班(かとく)を設置するなどして、過重労働防……[続きを読む]

2016.02.09 【労働新聞】
違法な長時間労働でドン・キホーテ送検 東京労働局

 東京労働局(渡延忠局長)は、時間外・休日労働協定(36協定)の範囲を上回る違法な時間外労働を従業員に行わせたとして、大手ディスカウントストア業の㈱ドン・キホーテ(東京都目黒区)および同社執行役員など8人を、労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで東京地検に書類送検した。36協定で3カ月間の時間外労働を120時間以内と定めていたにもかか……[続きを読む]

2016.01.27 【労働新聞】
実習生9人に割賃払わなかった縫製業者を書類送検 時間外労働は4カ月で5600時間にも

 石川・金沢労働基準監督署(山森修署長)は、外国人技能実習生9人に違法な時間外・休日労働をさせ、割増賃金を支払わなかったとして、縫製業の㈲コンタニ(石川県かほく市)と同社代表取締役を労働基準法第32条(労働時間)違反などの疑いで金沢地検に書類送検した。平成26年11月からの4カ月間の全員の延べ時間外・休日労働時間は5630時間で、未払いの……[続きを読む]

2016.01.25 【安全スタッフ】
6割超で改善告示違反 自動車使う事業を監督 厚労省

 厚生労働省は、トラック、バス、タクシーなどの自動車運転者を使用する事業場に対する平成26年の監督指導、司法処分の状況を公表した。監督指導を行った3907事業場のうち82.9%に当たる3240事業場で労働基準関係法令違反が発覚し、改善基準告示違反が60.7%に当たる2373事業場でみつかるなど、いずれの違反率もここ数年高止まりの状態になっ……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ