『新入社員』の労働関連ニュース

2019.10.24 【労働新聞】
【フォーカス】帝人/グローバル人材の育成 長期出張形式で海外へ 現地の労務費負担減

20~30歳代対象に半年間  帝人㈱(大阪府大阪市、鈴木純代表取締役社長、連結2万671人)は、グローバル人材の育成に力を入れている。新入社員は入社直後に全員を海外に派遣して異文化を経験させ、視野拡大を狙う。今年からは20~30歳代の若手向けの実務研修をスタートした。将来的に海外駐在をする際、日本とは異なる仕事の進め方に慣れるまでの時間短……[続きを読む]

2019.08.29 【労働新聞】
【フォーカス】JFEスチール/グローバル人材の育成 事務系新入社員を海外へ 3カ月語学など研修 

技術系は現場で補佐業務  JFEスチール㈱(東京都千代田区、北野嘉久代表取締役社長、1万5677人)は、「新入社員海外派遣研修」と「若手海外派遣研修」によりグローバル人材の育成を推進中だ。前者は、事務系の新卒入社1年目全員が、海外事務所・現地法人で約3カ月間滞在し、英語や現地語を習得したり、研修を受けるもの。後者は、新卒入社3~5年目の技……[続きを読む]

2019.08.01 【労働新聞】
奨学金返済へ100万円 中途や既存社員も対象 広島化成

 ゴムプラスチック製品製造販売業の広島化成㈱(広島県福山市、西浩一取締役社長)は今年4月、社員の奨学金返済を支援する制度を導入した。最大で100万円の支援を行う。人材の確保と定着が目的である。  今年度以降に新卒で入社した社員の場合、…[続きを読む]

2019.06.17 【労働新聞】
社内研修をeラーニングへ 英語やデータ分析で KDDI・来年度から

集合せず学習しやすく  KDDI㈱(東京都千代田区、髙橋誠代表取締役社長)は来年度から、英会話やデータ分析などに関する領域でeラーニングを活用した研修を始める。1本当たり5分程度の映像コンテンツを社内イントラに多数用意し、社員が必要な知識をピンポイントで取得可能にする。研修はこれまで集合形式を採っており、地方で勤務する社員が気軽に参加でき……[続きを読む]

2019.04.16 【労働新聞】
入社式で多様性学ぶ 新入社員自ら企画して ボッシュ

 新入社員が自らの手で企画して、入社式をダイバーシティ(多様性)の学習機会にーーこんな一風変わった取組みを、外資系自動車部品メーカーのボッシュ㈱(東京都渋谷区、クラウス・メーダー代表取締役社長)が実践している。1日かけてダイバーシティを学ぶ機会にすること自体、新入社員が発案した。…[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ