『医療』の労働関連ニュース

2021.01.13 【労働新聞】
自己負担引上げ年収200万で決着 政府 NEW

 政府は全世代型社会保障改革の方針を閣議決定し、年収が200万円以上ある75歳以上の後期高齢者の医療費の自己負担割合を2割に引き上げると決めた。引上げの対象となるのは370万人で、施行時期は令和4年度後半までの間に政令で定めるとしている。  後期高齢者の自己負担引上げについては、経団連や日商、健保連、協会けんぽ、連合の5団体が、現役世代の……[続きを読む]

2020.11.17 【労働新聞】
後期高齢者の医療負担増を 経団連が提言

 経団連は、真の全世代型社会保障に向けた制度改革について提言した。政府の全世代型社会保障検討会議の「中間報告」において、「一定所得以上」とされている2割の後期高齢者窓口負担を「原則2割負担」とするよう訴えた。  後期高齢者を中心に医療費が増加するなかで、医療・介護費用の伸びの抑制に向けた適正化・効率化策(医療費適正化計画の実効性の強化など……[続きを読む]

2020.10.21 【労働新聞】
【今週の視点】採用手法転換は慎重に 7割が人材紹介利用 医療分野の採用事情

1年経たず2割離職  先進技術によるイノベーションが至上命題とされるなか、専門人材の「ジョブ型採用」が進展している。大学院生を対象とする長期・有給インターンシップの普及に向けて、国が主導する取組みも始められている(=関連記事)。採用手法の見直しが今後、多方面に波及するとしても、職種別採用で先行する医療分野とは別の方向性を期待したい。…[続きを読む]

2020.07.06 【労働新聞】
ネットで医療人材 オンライン面接も可能 厚労省

 厚生労働省は、医療人材募集情報と求職者のマッチングを行うウェブサイト「医療のお仕事Key-Net」の運用を開始した。新型コロナウイルス感染者の急増や患者クラスター(集団)の発生、さらに医療従事者間での感染拡大などに対応し、迅速な人材確保に役立てる。  対象は、…[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ