『かとく』の労働関連ニュース

2021.01.21 【労働新聞】
5店舗12人に違法残業 かとくが飲食業送検 割賃支給も最長で110時間 大阪労働局

 大阪労働局(木暮康二局長)の過重労働撲滅特別対策班(かとく)は、計5店舗でアルバイトを含む労働者12人に36協定を超える違法な長時間労働を行わせたとして、飲食店経営の㈱グルメ杵屋レストラン(大阪府大阪市)と実行行為者である5店舗の責任者1人を、労働基準法第32条(労働時間)違反などの疑いで大阪地検に書類送検した。時間外労働は最長の者で、……[続きを読む]

2016.11.10 【労働新聞】
大手スーパーを送検 「かとく」が違法残業で 大阪労働局

 大阪労働局(苧谷秀信局長)の「過重労働撲滅特別対策班」(かとく)は、違法な残業をさせたとして、大手小売業の㈱コノミヤ(大阪府大阪市)と同社執行役員業務本部長および専務取締役の計1法人2人を労働基準法第32条(労働時間)違反などの疑いで大阪地検に書類送検した。 大阪府や愛知県などを中心に86店舗のスーパーマーケットを展開する同社は、平成2……[続きを読む]

2016.10.31 【安全スタッフ】
大手飲食が違法残業 事業部長ら5人送検 大阪労働局・かとく

 大阪労働局(苧谷秀信局長)の「過重労働撲滅特別対策班」(通称:かとく)は、複数の労働者に労使協定を超える違法な残業を行わせたとして、大手飲食業サトレストランシステムズ㈱と同社事業推進部長および店長4人を労働基準法第32条(労働時間)、第37条(時間外、休日及び深夜の割増賃金)違反の容疑で大阪地検に書類送検した。これまで同社の各店舗に繰り……[続きを読む]

2016.10.19 【労働新聞】
大手飲食 本部部長と店長4人送検 限度超す違法残業で 「かとく」が強制捜査 大阪労働局

 大阪労働局(苧谷秀信局長)は、違法な長時間労働を行わせたとして、飲食業大手のサトレストランシステムズ㈱(大阪府大阪市)および同社部長と4人の店長を労働基準法第32条(労働時間)違反などの疑いで大阪地検に書類送検した。大阪府内の店舗で、36協定の限度時間を超えて1カ月当たり最長111時間の時間外労働をさせていた。全国の同社店舗で労基法違反……[続きを読む]

2016.03.19 【安全スタッフ】
【スポット】”かとく“が大手小売業を送検 人手不足から長時間労働常態化 発足1年で全国3例目に

 過重労働撲滅対策班、通称「かとく」が東京、大阪の労働局で立ち上がってから早1年。今年1月28日には、東京労働局のかとくが大手ディスカウントストアの㈱ドン・キホーテを、労働基準法違反の疑いで東京地検に書類送検した。強制捜査の結果、店舗では人員不足から長時間労働が常態化し、3カ月で415時間もの残業を行わせていたことが発覚。労務管理の手が行……[続きを読む]

ページトップ