東京労働局27年度方針 過重労働撲滅へ重点監督 残業100時間超など対象

2015.05.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

大型事案解決に対策班

 東京労働局(西岸正人局長)は、平成27年度の行政運営方針を明らかにした。長時間労働による健康障害が依然として後を絶たないことから、長時間労働の抑制と過労死防止対策を最重点事項に掲げ、監督指導を強化する。時間外労働が月100時間を超える事業場や、労災請求があった事業場に対する重点的な監督指導を実施。全国展開するチェーン店舗での過重労働など、対象労働者数が多い大規模事案については、同労働局内に新設した「過重労働撲滅特別対策班」が、東京都内の本社指導に当たる。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年5月11日第3016号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ