年休5日の取得確実な履行要請 技能実習機構

2020.11.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 外国人技能実習機構は実習実施者や監理団体に対し、年5日の年次有給休暇取得の確実な履行を求める事務連絡を発出した。請求した日に与えない、年5日取得させていない場合は、労働基準法、技能実習法に違反し、計画の認定取消しにもつながる可能性があるとしている。

 実習実施者には取得しやすい環境づくりを要請した。申し出方法を丁寧に説明するほか、年休取得を前提とした技能実習計画策定を求めている。

令和2年11月16日第3281号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ