若年者雇用対策 「早期離職」も選択肢に 定着より満足度向上 厚労省研究会

2020.11.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「新卒一括採用」見直し

 若者の早期離職を一概に否定すべきではない――厚生労働省の今後の若年者雇用に関する研究会(座長・玄田有史東京大学社会科学研究所教授)は、当面の若年者対策の在り方について提言した。早期離職しても、転職先の満足度の方がすべての面で上昇しているのが実態で、定着よりキャリア形成に貢献するケースがあるとの見方だ。日本特有の「新卒一括採用」の慣行見直しについては、メリットとデメリットを配慮した上で環境整備を図るよう訴え、中立的立場を維持した。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年11月9日第3280号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ