年収ベース未脱却 経労委報告で連合見解

2017.01.30 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 連合は、経営側の17春闘方針となる日本経団連の経営労働政策特別委員会報告(1月17日公表)への見解を同日付けで発表した。所得向上をめざすとした基本姿勢を前向きに評価しつつ、年収ベースから抜け出せていないとみる賃上げの考え方には、「経済の好循環を力強く回すことに対する社会的要請に真に応えていない」と不満を表した。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成29年1月30日第3098号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ