下請法 違反事例を大幅追加 運用基準を見直し 公取委

2017.01.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 公正取引委員会は、下請代金支払遅延等防止法の運用を強化するため、同法に関する運用基準を13年ぶりに改正した。同基準で提示する親事業者による違反行為事例を従来の66事例から141事例へと大幅に増やしている。法違反の未然防止と、違反行為についての下請事業者などからの情報提供を促進するのが狙い。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成29年1月23日第3097号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ