税制大綱に疑問 連合事務局長

2017.01.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 連合が年末に開催した税制フォーラムで、29年度税制改正大綱に盛り込まれた配偶者控除と配偶者特別控除の見直しに対し、逢見直人事務局長が働き方改革に意味があるのか疑問を呈した。

 いわゆる103万円の壁を150万円にする内容だが、社会保険料が適用される「130万円の壁」の影響の方が大きいことが国の調査でも明らかとし、税の壁を引き上げても就業調整問題が150万円まで上がることはないと主張。「選挙目当ての弥縫策としか思えない」と述べた。

平成29年1月16日第3096号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ