違反率7割超に 19年の申告監督 鹿児島労働局

2020.06.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 鹿児島労働局(小林剛局長)は2019年の申告監督の実施状況をまとめた。申告監督を実施した171事業場のうち、126事業場で労働基準関係法令違反が認められた。違反率は73.7%となっている。

 違反の内容は賃金不払いが89件、解雇が24件、労働時間が5件など。業種別では商業が28件で最も多く、接客娯楽業が23件、保健衛生業が21件、建設業が19件と続いた。

令和2年6月8日第3260号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ