中小のテレワーク助成、機器納入遅延に対応 厚労省

2020.05.26 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症対策としてテレワークを導入した中小企業を支援するための「働き方改革推進支援助成金(新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコース)」について、助成対象となる事業実施期間の延長措置を行う。

 同助成金の交付申請書を提出済み、または5月29日までに提出予定の事業主が対象で、通信機器の納入遅延によって、5月31日までの事業実施期間内にテレワークの導入・運用が困難な場合に、助成対象となる事業実施期間を、①今年6月30日、②交付決定後2カ月経過日ーーのいずれか遅い日まで延長する。

 支給申請期限も今年9月30日まで延長する。

働き方改革推進支援助成金(新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコース) のリーフレット(厚労省サイトより)
https://www.mhlw.go.jp/content/11911500/000633039.pdf

あわせて読みたい

ページトップ