配偶者手当見直しを 企業に強く要請 税制大綱

2017.01.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 配偶者手当制度の見直しを企業に強く要請。自民党・公明党の両党は平成29年度税制改正大綱をまとめ、労使の真摯な話合いに基づき、就業調整問題の解消を図るべきと指摘した。

 大綱では、パート労働者などの就業調整を、解消すべき喫緊の課題と位置付け、配偶者特別控除の控除額38万円の対象となる配偶者の所得金額を給与収入150万円(現行103万円)に引き上げる方針とした。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成28年12月26日第3094号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ